ぬーぼーの小部屋

アニメとクラシック音楽と将棋が趣味の人。つぶやきの大半はアニメです。ふらいんぐうぃっちロス中。

話数単位で選ぶ、2021年TVアニメ10選

話数単位で選ぶ、2021年TVアニメ10選

 

これをやらないと年が越せない!
話数単位10選をやっていきましょう。

 

ルール
・2021年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

ゆるキャン△ SEASON2 第1話。「旅のおともにカレーめん 」

シナリオ:田中仁

絵コンテ・演出:京極義昭

作画監督:山下喜光、遠藤大輔、近藤律子

f:id:nubonubonubo:20211201220728j:plain

この1話は2期導入としては上手く作ったなと思う。しまりんキャンプ初心者回を入れることで、1期の話覚えてない!みたいなこともなく、自然に話に没入できた。特にこの部分はアニオリということで更に驚いた。ここ最近のアニオリは大体否定されるパターンが多い中、これは制作者がしっかり原作を理解している完璧なアニオリ構成だったと思う。とくに1期1話でも重要アイテムであったカレー麺が登場し、最後は、なでしこからしまりんへカレー麺を渡して終わるこの構成は脱帽。カレー麺、次は誰に引き継がれるのかww

 

 

 

のんのんびより のんすとっぷ 第5話。「ものすごいものを作った」

脚本:山田由香

絵コンテ:二瓶勇一

演出:ソエジマヤスフミ

作画監督:松本弘、平田かほる、松下純子、楠田悟

総作画監督古川英樹

f:id:nubonubonubo:20211201220744j:plain

今年度No.1ギャグ回。こまぐるみ・・とんでもなくすごいものですよww 小ネタ小ネタのオチドーンの構成がお見事。序盤のこまぐるみ、中盤のあかりちゃんのかくれんぼ話、そして終盤のこまちゃんを交えた会話、こまぐるみとあかりちゃんの話が融合し、とてつもない笑いが生まれた。中盤の塩を得たナメクジごっこのネタ回収も上手かったし、終盤の「こまぐるぅ~」ただのりえしょんww そしてオチ盛り塩。3つの話がうまくまとまった時の爆発力のある笑い、素晴らしかったです。

 

 

 

ウマ娘 プリティーダービー Season 2 第13話。「夢をかける 」

脚本:永井真吾

絵コンテ:及川啓、成田巧、小野勝巳

演出:成田巧、及川啓、吉川志我津、にしづきあらた、佃泰佑

作画監督: 中島順、ハニュー、福田佳太、桐谷真咲、坂本俊太、辻智子、鍋田香代子

f:id:nubonubonubo:20211201220800j:plain

この13話は最高の最終回だった。これまで12話で描いてきた栄光&挫折から、ここまで溜めに溜めた最終回で奇跡の復活トウカイテイオーの勝利、これは私でも泣いたわ。ライブ作画も圧巻の出来。そして二人だけのレース。ここまでしっかり締めた最終回もなかなかないですわ。

 

 

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 第8話。

「お見合いしてしまった… 」

脚本:笹野恵

絵コンテ・演出:戸澤俊太郎

作画監督:服部憲知、松田萌、上田彩朔、木村拓馬、小幡公春、井本由紀、高橋美香、徳田夢之介

f:id:nubonubonubo:20211201220905p:plain

2期は続編というより各OVAを見ている感じで、2期としてイマイチ微妙だったが、このニコル回は良かった。見合い中にカタリナのこと考えてるのは笑ったが、ニコルとフレイの会話も面白かった。どんどん本心を話していくほど実はこの二人あってると思うんですけどね。フレイのおかげで、ニコルもカタリナへの想いを諦めてはいけないと決意させたこと、ニコルとフレイは似たようなベクトルなんだと感じさせてくれたのが良かった。中盤から終盤の花の背景が大変美しく、キャラの心情にもマッチしていたと思う。

 

 

 

かげきしょうじょ!! 第8話。「薫の夏」

脚本:松本美弥子

絵コンテ:阿保孝雄

演出:江副仁美

作画監督:三橋桜子

総作画監督:福永智子

f:id:nubonubonubo:20211201220958p:plain

大地葉演じる星野薫回。祖母と母が紅華の薫と兄がプロ野球選手の辻。非常に境遇が似た者同志であり、薫は似たような匂いを感じたのかな?もしかしたらこの恋が成就し同じベクトルになるかもしれなかったと思うと、切ないほんの少しの恋のお話。それぞれの夢に向かって、この恋は破局してしまい別のベクトルに行くんだけど、野球選手と歌劇団員として、いつか交わって欲しいなと思ってしまった。大地葉うめえわ。

 

 

BLUE REFLECTION RAY/澪 第20話。「ギロチンのマーガレット」

脚本:和場明子

絵コンテ:吉田徹

演出:ほりうちゆうや

作画監督菅野智之、菊川孝司、永山恵、吉田雄一

総作画監督:坂本哲也、村上雄、音地正行

f:id:nubonubonubo:20211225190103j:plain

このアニメは、作画は置いといて、現代の生きづらい少女達の想いという難しいテーマのもと、想いを捨てたい、想いからの解放、でもこの想いと生き続けなければいけないという、現代の非常に難しいテーマを扱ったことは称賛に値する。さて20話は井澤の計画が成功し、想いをなくした世界にした回。この回、最後の石見さん&井澤の言葉が非常に刺さった。

「どうして、想いに触れることはできないんだろう、どうして、いつもなくしてから気づくんだろう、もしあの時、あの日、その声に気づくことができていたなら、伝えていたら、何か違ったの」

昨今の自殺のニュースを考えるとこの言葉は凄い刺さる。声優の演技も相まって非常に考えさせられた。

 

 

 

ラブライブ!スーパースター!! 第6話。「夢見ていた」

絵コンテ:誌村宏明

演出:遠藤広隆

作画監督いとうまりこ、尾尻進矢、木村文香、永山恵、山村俊了

ダンスパート絵コンテ演出:京極尚彦

ダンスパート作画監督: 鄧佳湄、久松沙紀、水野辰哉

総作画監督:斎藤敦史、佐野恵一

f:id:nubonubonubo:20211201221031j:plain

かのんとちぃちゃんの幼馴染回。私は話の部分というより、ダンスパート部分で評価しました。曲・CG・ダンス・カメラワーク、すべてにおいてクオリティ高かった。この部分は去年までプリチャンが圧倒的に強かったんだが、プリチャンなき今、ラブライブがここまでのクオリティの高いダンスパートを演出したのは驚いた。作画とCGの切り替えの違和感のなさが初代より格段に少なくなってきたのも要因の一つだと思う(ここはキャラデザ変更のおかげかな)。私に初めてラブライブのCD買わせたのだから、凄いことですよww

 

 

 

 

トロピカル〜ジュ!プリキュア 第29話。「甦る伝説! プリキュアおめかしアップ!」

脚本:横谷昌宏

絵コンテ演出:田中裕太

作画監督:森佳祐

美術:戸杉奈津子

f:id:nubonubonubo:20211201221054j:plain

全然仕事しないくるるんがパパイアのビームに撃たれるので選びました(嘘です)。タナカリオン回。ギャグも混ぜつつ幻想的な演出、そして躍動感ある戦闘作画とカメラワーク(とくに部屋での背景移動)。これらが上手く絡み合い恒例のプリキュアパワーアップ回を盛り上げた。何気ない部分もちょっとした演出で、これはと思わせるのはセンスあるね。とくに後半戦闘前の足元を見せる演出が良かった。あとウルトラマンサマーは反則ww

 

 

 

ワッチャプリマジ! 第8話。「みてみて!かわいい×2 みるきだお(は〜と)」

脚本:広田光毅

絵コンテ演出:菅原静貴

作画監修:戸田さやか、斉藤里枝、川島尚、青木康哲、島田さとし

f:id:nubonubonubo:20211225195149j:plain

プリチャン終わって始まったプリマジ。この8話は面白かった。簡単に言うと、新キャラのみるき登場回。プリティーシリーズに共通していると思うんですが、この甘瓜みるき非常にキャラが立ってる。これ女子アニメですよね?ここまで腹黒ピンクのキャラ初めて見たわww 「散れお~」や「ぶさまだお~」などある意味リアルアイドル界隈でありそうな思考の数々。物語においてキャラ付けは重要な部分なんですが、こういう際立ったキャラを入れてきても作品が成り立つのはプリティーシリーズのすごみ。

 

 

 

やくならマグカップも 二番窯 第9話。「澄んだ秋空の向こうに」

脚本:荒川稔久

絵コンテ:手びねり組(神谷純、前田薫平、市村仁弥)

演出:前田薫

作画監督: 吉岡彩乃(レイアウト)、中野友貴(原画)

f:id:nubonubonubo:20211201221117p:plain

2期になってかなり良くなったアニメ。特に主人公たちの精神面での成長をかなり丁寧に描いていた。この9話、主人公姫乃と十子先輩が吹っ切れる回。今まで姫乃の悩みと十子先輩の悩みは別のベクトルと思っていたのだが、実は同じベクトルなんだと気づいた時のなるほど感(気づけよ俺)!姫乃は母、十子先輩は祖父と、それぞれとんでもないスペック超人のプレッシャーを受けており、創作に悩んでいたが、自分を信じて作りなさいと言われたときの二人の類似性。十子先輩から言葉はまさに姫乃への救済の言葉と感じた。EDにOP流していい最終回だった。

 

 

 

以上10選となります。

選んでから思ったが、今年度はベクトルというテーマで選んだのが多いかも・・。

 

というわけで

桃山入れられなかった、めんご。

来年、プリマジに桃山出ろ!